次が打てれば大丈夫

記事元はみんゴルからですが、このサイトでも書いている内容と合致です。

ミスっても「次、打てるところならOKです!」プロキャディ・伊能恵子が教える80台を出すための“自分にプレッシャーをかけない”ティショットのコツ - みんなのゴルフダイジェスト
100切りを達成できたものの、90を切ることができないアマチュアゴルファーは多い。80台のスコアを出すためには、「自分自身にプレッシャーをかけないことが大事です」とプロキャディ・伊能恵子は言う。スコアの壁を超えるための考え方を教えてもらおう。
スポンサーリンク

自分の許容度を下げる

ティーショットで言えば、いつでも今日イチなんて出ないのです。
このサイトでも、何となく200ヤードでOKと書いています。
つまり、ラフでも、大丈夫。
ハザードに行かなければ、問題ないと考えるのです。
もっと言えば、OBを叩いてトリを打っても受け入れる。
そういった考え方が必要だと思います。

OKの基準を決める

では、100切りのために決める、OKの基準ってどうでしょう?
これは、このサイトで、「10%ルール」と書いています。
つまり、ドライバーでナイスショットで、フェアウェイの真ん中220ヤードだったとします。
10%ルールとは、それを基準に10%以内だったらOKと考えるのです。
220ヤードであれば、22ヤードのミスは許容範囲。
ですから、200ヤード飛んで、ラフでも、ミスとは考えないようにするのです。
100切りレベルであれば、このくらいの許容度で十分だと思います。

OKラインはアイアンにもあてはまる

例えば7番アイアンで150ヤード飛ばせるとしましょう。
10%ルールで言えば、前後左右15ヤードはミスと考えません。
ですから、グリーンを外しても、ミスではない。
逆に言えば、15ヤードは外れることを基準に考えたいです。
つまり、グリーンの狙いは常にセンターということになります。

ショートゲームは重点的に

100切りのできない人の弱点は、やっぱりショートゲームなのです。
パー4で言えば、2オンしなくても大丈夫です。
そこから3打であがればボギー。
それを続ければ、90でラウンドできます。
ただ、これが難しいところでして、やっぱり、アプローチやパッティングに難がある人が多い。
これだけは、練習で、「感覚をつかむ」しかありません。
自分はたまたま、パッティングは元々ある程度できました。
三枝こころさんが言ってましたけど、「パッティングで悩んだことはない」のです。

80台への道が開ける

どうでしょう?
OKラインを決めるだけで、プレッシャーは相当少なくなりませんか?
100ちょいでラウンドできる腕前であれば、ショット力はそれなりにあるでしょう。
パーオンだって、数ホールはあるはず。
上手くいけば、1つ、2つのバーディーだってとれる。
ですから、「100を切らなければ!」とプレッシャーをかける必要はありません。
10%ルールとショートゲーム。
これだけ意識して練習、ラウンドすれば、80台後半まではいけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました