ゴルフ場利用税で感覚のずれ

税制を検討する時期になると、例年、話題に挙がる、ゴルフ場利用税。
全く持って、こんな税金があるのがおかしいと個人的には思います。
だって、スポーツやって税金取られるってどんなこと?です。健康増進にもなるし、逆に奨励金くらい支給しても良さそうだと思うのですが。医療費も長い目で見れば減るでしょう。

ゴルフ場利用税ってホント理解できないね~

ゴルフ場利用税については、最新で記事も出てましたね。

ゴルフの「ぜいたく税」徴収がもたらす悪影響

最近の動向では、「もう撤廃は無理、だから有効利用を」ということです。
これは、これで妥協案としては、仕方ないのかと思います。
日本と言う国は、一度決めた税金は、絶対に廃止しないですからね。
つまり、根っこのところは、既得権益で成り立っている国なのです。
それでも、ゴルフは贅沢だって風潮を覆す根拠があります。

ゴルフ場利用税は「ぜいたく税」とみなされているが、要望書に添付された資料によると、ゴルフ場の平均プレー料金は、全国平均5400円(平成30年小売物価統計調査)で、娯楽施設という意味ではテーマパークなどよりも「ぜいたく」ではない。
ゴルフ場に行った人(プレーした人)も、50%強が年収500万円以下(平成28年社会生活基本調査)と、今や「庶民のスポーツである」というデータが示されていた。

私は、全くその通りだと実感しています。
私自身、「接待ゴルフ」なんて、この20年やったこともないですから。
プレーフィーが平日で1万円以下のところを探して、自腹でスポーツとしてやっています。
「ぜいたく」という、バブルのころのイメージを世間は引きずっているのでしょうか?

オリンピックの種目にもなっている、れっきとしたスポーツなのにね。
ちなみに、世界的にみて、こんな税金を取っている国は無いです。

男女プロツアーの競技でさえ、プレイヤーから、この利用税を取っているのです。
さすがにオリンピックは「例外措置として」利用税を取らないことが検討されています。

しかし、まだこんな議論してるなんて、その不毛さにあきれます。
その理屈なら、草野球やサッカー、ボーリングからも税金取るってことになりませんか?
あわせて読みたい記事。

ゴルフはなぜここまで「贅沢」に見られるのか

いつの日か、自分たちの子供世代には、この税金が廃止されていることを願うばかりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました