アメブロからワードプレスへ4000記事を移行した話 前編

無料ブログサービスとしては、圧倒的なブロガーを得ているアメブロ。
実際に私は、5社の無料ブログサービスを使った経験がありますが、手軽に始められて使い勝手も簡単という点では、登録者数とともに、他を圧倒していると思います。
しかし、長年使っていると、それなりに不満というのも出てくるわけで、ワードプレスへの移行を考えるようになりました。

では、アメブロのメリットとデメリットを見てみましょう。

スポンサーリンク

アメブロのメリット

手軽に始められる

とにかく、簡単に始められます。
アメブロを見る目的でなくても、何かを調べようとすると検索をしますよね?
以前、アメブロは検索に弱いなんて話もありましたが、体感上、全くそんなことは無いです。
長年やっていて、記事数も多いからかもしれませんが、いくつかの単語でググってみると、自分がアメブロで書いた記事がトップページに出たりします。
それも、公式ホームページの次に出てくるものもあるのです。
ですから、一概に検索に弱いということは、無いと思います。
※専門用語的に言えば、SEOとかドメインパワーの話です。

何かを検索する、結果で出たアメブロを見る、そして、気に入ったらフォローする。
次に、自分も新規でアメブロを開設しようと思えば、1分もかかりません。
アメブロは、スマホ対応のアプリが、「簡単」という点では最も優れていると思います。

まずまず見やすい

アメブロは無料のブログサービスなので、広告は掲載されます。
これはどのブログサービスでも同じなのですが、アメブロは、ややこしい質の広告は少ないので、まずまず良心的な方だと思います。
ややこしい広告は、バナーが、「びよーん」と出てきて、意図せずクリックしてしまうようなものです。
そして、有料プランで月額料金を払えば、広告を表示させないようにすることもできます。
ただし、有料プランにするならば、ワードプレスにした方が、メリットは大きいです。

つながりができやすい

これも圧倒的多数のブロガーを抱えているというメリットの1つです。
軽い気持ちで適当に始めても、登録しているジャンル上位のブログを見ると、「へーっ」と思うこともあったりします。
そこをフォローしたり、コメントをしたりすると、つながりもできる。
いわゆる、書きっぱなしで、誰も見てくれないという状態が少ないサービスです。

ランキングが細かく出る仕組み

基本的には、各ジャンルのブログランキングが出ます。
しかし、それでは、上位のブロガーが固定されてしまうわけです。
そこでアメブロさんは考えましたね。
公式ハッシュタグの導入です。
例えブログとしての順位が低くても、ハッシュタグによっては、ランキングが付く。
そうなると、モチベーションも上がるという訳です。

やったー!

サーバーと復旧が比較的に強い

時々不具合が出るじゃないかと思う方もいると思います。
しかし、私の経験上、他の無料ブログサービスよりは優れています。
問題を把握して、復旧まで取り掛かる。
スタッフブログにも、随時情報がアップデートされます。
これは、他の放置系ブログサービスよりは、やはり優れていると思います。
それも、膨大なブロガーを抱えて、広告収入も絶大だからこそ、できるワザです。

なるほど。

アメブロのデメリット

デザインが似たものになりがち

無料のテンプレートが相当数用意されているので、そこは良心的。
しかし、それにも限りがあるのは確かです。
特に同じような題材を扱ったブログでは、同じデザインということもあります。

ホーム画面がごちゃごちゃ

アメブロだけやっている方は気にならないかもしれません。
アプリを開くと、ホーム画面が出るのですが、これ、ホームですか?
何だか、ごちゃまぜバラエティーサイトのようです。
つまり、アメブロが選んだトピックスがやたら多い。
例えば積極的に見る気がなくても、とりあえずテレビをつけて、バラエティーやワイドショーを見ている方は、あまり気にならないかもしれません。
以前はフォローフィードが基準で出ていたのですが、今は、タブを切り替えなくてはならない。
使う方がこういった点をどう考えるかですね。

ブロガーをどう扱うかはアメブロ次第

これは、アメブロに限らずなのですが、無料のブログサービスには規約があります。
規約に違反すると、一気にアカウントが即時停止されてしまいます。
私にはこういった経験がありませんが、これをどう思うかですよね。
仕方ないと思う面もある一方、削除は本当に、対策の打ちようもなく、突然やってくるようです。
世間一般の常識では、何か規約違反があったとしても、普通は、注意や警告という手順を踏むのかなと私は考えます。
※生命の危険や犯罪といった、重大な問題を除いてです。

うーむ、確かに。

この点、アメブロは、理由も明確にしないまま、一瞬でアカウントが削除されます。
注意や警告で猶予期間があれば、コンテンツを他に移行もできるはずです。
その猶予期間がないので、ある日突然、自分のブログがなかったということもあり得ます。
もちろん、何かしろの規約違反があったからなのですが、その理由は明らかにされないようになっており、この点は、規約にも明示されています。
つまり、書いているブロガーは自分のブログと普通に思っています。
しかし、規約上は、アメブロのものになっていて、ブロガーは書き手の1人に過ぎません。

一気に進んだ囲い込み政策

例えばアメブロでアフィリエイトをやろうと思っている方もいると思います。
または、以前やっていた方も。
事実、少し前までは、A8ネットなどの大手ASPが認められている時期もあったので、アフィリエイトも、一応はできました。
それで、アメブロが取った政策は、ASPに変わる、新たな機能の追加ですね。

それって、何?

それが、REQU(スキルシェア)とAmeba Pick(アフィリエイト)。
REQU(スキルシェア)は、まぁ悪くない取り組みだと思います。
ハンドメイドが得意な方が、安価で〇〇を作りますよというコミュニティーのようなものなので、興味のある方は、発注したりされたりがあると思います。
個人的にこれはどうか?と思ったのが、Ameba Pick(アフィリエイト)の方です。

Ameba Pickを、どう考えるか

A8などの大手ASPとの契約を解消するとともに、導入されたAmeba Pick。
これを現実的にアフィリエイトと言えるかは疑問です。
つまり、ASPであれば、報酬は現金で行われました。

一方のAmeba Pick。
この報酬は、いわゆる現金でなく、ポイントだと思います。
頻繁にアマゾンとか楽天で買い物をする、または、そこで購入したもののレビューを書いて、Ameba Pickをする。
それで、良いという方は良いかと思います。
しかし、所詮、ポイントはポイントだと思います。
そして、Ameba Pickには向き、不向きがあります。
コスメ関係などであれば、ある意味消耗品なので、読者層もあり購買需要も高い。
一方で、高額商品や情報商材は、全くの不向きです。
また、コスメ系であっても、収益を狙うという意味では、既に大御所がたくさんいるので、簡単ではないというより、ほぼ不可能です。

そうなんですね。

アメブロは自己満足

私の運営していたブログは、毎日数千以上のアクセスがあり、多い時には3万アクセスがありました。ブログのジャンルでも、平均で10位前後。
3万アクセスがあったときは、1位という経験も複数回あります。
そりゃ、あのアメブロでジャンルランキング1位になれば、嬉しいものです。
しかし、それで何か見返りがあるかと言えば、無いのですね。
いわゆる自己満足です。
もちろん、それだけの方に読まれたのは嬉しいですし、読んでもらった方には感謝はしています。
でも、良くも悪くもそれだけです。

アメブロで稼ごうとしている方

結論は、「無理」です。
A8ネットなど、ASPと提携していたときは、一応可能性はありました。
しかし、ほんのお小遣い程度です。
それが、囲い込み政策にはっきりと転換し、Ameba Pickが導入された時点で、いわゆる、収益化の道は閉ざされたと言って良いと思います。
つまり、アメブロは、良くも悪くも、鎖国されたブログサービスなのです。

このような流れ。アメブロのライバルは他の無料ブログサービスでは無いんじゃないかな?
個人的にですが、インスタをライバルと考えているように思います。
これから、写真の加工などの、仕様追加があるかもしれません。

引っ越しを考えたが、かなり面倒?

そんなメリットやデメリットを比べて、移行を決心しました。
では、どこに移行するかですよね。
アメブロは囲い込み政策が徹底されています。
つまり、他のブログサービスからは入りやすいですが、むちゃくちゃ出にくいのです。

私が引っ越しを考えた理由は、アメブロのデメリットで書いた通りです。
引っ越しは簡単ではない?何とか、その道を考えることにしました。

長くなったので、具体的な方法と手順は、後編に譲ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました