100切り【実践編】

100切り【実践編】100切り【実践編】

「あと少しで90台だったのに!」
そう後悔するゴルファーも多いと思います。
その、「あと少し」をどうするか?

実際にコースでプレーするときには注意点があります。
コースに行ったときの練習は、あくまで、体慣らし。
または、その日の体調や調子を見るバロメーターです。
そこでスイングを矯正するのは、良くないことです。

このカテゴリーでは、ラウンドにおける注意点をまとめています。

100切り【実践編】

ショートパットを打つときの盲点

ゴルフも上達してくると、パッティングの重要性に気付いてきます。特に、「ショートパットが入らない!」と悔やむ方も多いのでは?では、実際のところどうなのか?パッティングの苦手意識の克服や考え方、参考となるドリルやコツを書いています。
0
100切り【実践編】

ラウンドで実践 効果的な素振り3点

コースに出て、「素振りは良いのに」と言われたことはありませんか?しかし、ここに盲点があるのです。実際に打つ前の素振りは、目的がない、または意識がない素振りとなっていることが多いからです。実は素振り1つで上級者とそうでない人に差があります。効果的な素振りのポイントを3点挙げたいと思います。
0
100切り【実践編】

ラウンド前のパッティング練習のコツ

ラウンド前には、ほとんどの方が練習グリーンでパッティング練習をしますよね。しかしこの練習1つで、上級者とそうでないレベルかの差がはっきりと出ます。それは、入る入らないよりも、練習のやり方に大きな差があるからです。直前練習のコツと方法をご紹介します。
0
100切り【実践編】

100切りラウンドする実践チェックポイント

いざ100切り!と意気込んでも、今日もだめだったという方。実は一定のパターンがあります。90台でラウンドするために必要なチェックポイントとは何でしょう?それについて、準備やストレッチ、練習、ラウンド序盤、中盤、後半それぞれに気を付けなければならないコツがあるのです。
0
100切り【実践編】

次が打てれば大丈夫

100切りって意識すればするほど、道は遠回りになります。ショットは完璧でなくても良いのです。というか、ミスの許容度を決めたほうが、メンタルも前向きになります。実戦で考えたいポイントについて書いています。10%ルールを取り入れてみませんか?
0
100切り【実践編】

100切りで必要なパッティング

パッティングはゴルフのスコアメイクで最も重要な要素の一つです。特に避けなければならないのが、3パット。今回は特に100切りに焦点をあてて、書いていきます。3パットを量産しないためのポイントは大きく分けて2つ。安定したストロークとグリーンの読みです。
0
タイトルとURLをコピーしました