100切り【練習編】

100切り【練習編】

ウェッジ練習こそがスコアメイクの秘訣

なかなか100切りができない方の特徴で、ショートゲームが挙げられます。ショットはそこそこの技術があるのですから、ドライバーやアイアンもそこそこ打てるので、問題は100ヤード以内、50ヤード以内からなのです。ここでは、ショートゲーム上達の目的や練習のポイントを書いています。
100切り【練習編】

「はじめてゴルフ」はショートコース併設練習場が最強

アナタのコースデビューのきっかけは何でしたか?若者のゴルフ離れが言われる中、会社の上司に誘われというパターンは減っているかもしれません。でも、大丈夫。インターネットの普及によって、個人でもある程度の情報は集められるようになりました。初めてのゴルフ、こういった切り口で考えてみませんか?
100切り【練習編】

100切りに必要なアプローチ

100切りを目標とするならば、アプローチの考え方は、いたってシンプルです。使う技術はピッチエンドランだけで大丈夫。そして、失敗しないピッチエンドランも、コツをつかめば決して難しいものではありません。ここさえ押さえればというポイントを意識しましょう。
100切り【練習編】

100切りに必要なティーショットの練習

100切りするぞと意気込んだラウンド。やっぱりティーショットでの大怪我だけは避けたいです。それはわかってはいるけれど、強振して大怪我をする。スコアメイクにも響くし、気持ちの余裕もなくなります。100を切るためにチェックしなければならない意識とスイングとは?
100切り【練習編】

100切りで1番重要なのは?

スコアメイクにはコツや要点があります。ティーショットを飛ばすこと?いやいやそうではありません。やはり大切なのはショートゲームなのです。スコアメイクのために、まず強化するのは、ショートゲーム、アプローチ、パッティングなのです。
100切り【練習編】

100切りに必要なアイアンショット

100切りで必要なアイアンショットの技術、実はそれほど難しいものではありません。ダウンブローでなくても大丈夫。多少のダフリやトップはOKと考えるようにしましょう。そして、芯に当てることを常に意識付け効果的な練習をすることで上達します。決して飛距離を無理やり出すことは避けましょう。
100切り【練習編】

100切りに必要な練習の考え方

皆さんは、90台でラウンドするということを、どれだけイメージできてますか? 「何となく100を切りたい」と思うだけでは、90台のイメージが具体的に湧かないと思います。 90台でラウンドするための、練習の秘訣やポイントって、実はあるのです。
100切り【練習編】

千葉市 芝からアプローチができる練習場7選

100切りのために、必須なのはショートゲームと書きました。中でもアプローチの練習は大切。私が住んでいる千葉市で、芝からアプローチができる練習場を7つ紹介します。特に最初に紹介する2か所は実際に自分が行っている練習場です。特徴はそれぞれなので、目的で選んでくださいね。
100切り【練習編】

パッティングの距離感を身につける

ゴルフでは、スライスと並んで、パッティングは2大課題なのかもしれません。パッティングさえ乗り切れれば100切りという方も多いと思います。3パット撲滅のために大切なのは、まずは距離感です。日常生活で簡単にできる練習から、ツアープロのドリルまでをご紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました