試打レポートとギア選び

試打レポートとギア選び試打レポートとギア選び

ゴルフクラブって、安くはありません。
ドライバー1本でも新品で買えば10万円近くします。
ですから、試打は大切ですよね。

最近は便利になり、各ショップでもデータを計測できます。
また、試打することで、振りやすさや打感もわかります。

一方で、購入となると、リアルショップよりネット販売が概ね安いです。
そんな購入を考えている方向けに試打情報を書いています。

メーカーの関係者ではないので、良い悪いは率直。
そして、こんなゴルファーに合うかな?というオススメも書いています。

試打レポートとギア選び

【試打レポート】ミズノ ST200Xドライバー

ミズノST200Xドライバーの試打レポートです。意外とMIZUNOには縁がなくて、ドライバーを打ったのは、数年前のJPX以来です。正直なところ大きな期待はしていなかったのですが、球の上がりやすさ、操作性、打感に優れたドライバーでした。
0
試打レポートとギア選び

【試打レポート】キャロウェイ エピックスピードドライバー

キャロウェイの新作、EPIC SPEEDドライバーを試打しました。前作のEPICから採用されているAI設計はそのまま進化。つかまり、打感、飛距離性能などを書いてみました。試打したエピックスピードドライバーはアンダースペックだったのでご参考まで。
0
試打レポートとギア選び

【試打レポート】タイトリスト TSi2ドライバー

タイトリストの新作TSi2ドライバーの試打レポートです。前作のTSシリーズからも進化の具合が見てとれます。初めてTitleistの中級ゴルファーにはおすすめできるドライバーです。飛距離性能もアップし、スピン量も減っています。皆さんも試打されることをオススメできるクラブです。
0
試打レポートとギア選び

【試打レポート】ピン G425ドライバー

発売と同時に、かなりのツアープロが実践投入した、ピンG425ドライバー。早速、試打しましたのでレポートをします。PING独特の高音からは、少し低くなりました。また、つかまりは良く、ミスヒットには強い印象です。距離は最近のドライバーでは平均的な感じです。
0
試打レポートとギア選び

【試打レポート】ヤマハ RMX116ドライバー

アイアンは長年ヤマハを使っているユーザーの自分。ドライバーはタイトリストがエースなのですが、試打して好印象だったのが、RMX120ドライバー。新製品で買うのはちょっとと思っていた時に出会った、RMX116ドライバー。中古で価格もお値打ちでした。試打レポートです。
0
試打レポートとギア選び

【試打レポート】カムイTP-U25 ユーティリティー

なかなか一般の量販店で見ることが少ないクラブであるカムイ。今回、衝動的にネットで中古を購入しました。初カムイですが、その性能はいかに?同じロフトの5番アイアンと比較しても、満足のいく結果が出ました。購入を検討している方の参考となれば幸いです。
0
試打レポートとギア選び

どちらを選ぶ? ブリヂストン TOUR B XとXS

話題のゴルフボール、ブリヂストンのツアーBXとツアーBXS。どちらも評価は高いのですが、どちらを選ぶべきか?実際のラウンドで打ち比べ、比較をしてみました。同じBRIDGESTONE TOUR Bでも、違いがあります。ご参考にしていただければ幸いです。
0
試打レポートとギア選び

外出自粛でもできるオススメのゴルフ練習

新型コロナウイルスの影響で、ゴルフもままならない現状です。そんな中ですが、家でできる練習はもちろんあります。 そして、「家でできる練習グッズ」もじわじわと売れています。練習法とパターマットやアプローチ練習のグッズ、そして、トレーニング用品をいくつかをご紹介したいと思います。
2
試打レポートとギア選び

【試打レポート】ヤマハ RMX 120 ドライバー

ヤマハのこだわりだった「音」を犠牲にしてまで飛距離アップに特化したと言われる、RMX 120 ドライバー。試打した感触はとても良いものでした。打感やつかまりも良いですし、直進性やミスヒットにも優れています。ドライバーと言えば最近は外資メーカーのものが目立つ感じですが、国産、頑張ってます。
2
試打レポートとギア選び

【試打レポート】ピン PING G410プラス ドライバー

全英女子オープン優勝で一気にブレイクした渋野日向子さん。当然ながら、彼女の使用クラブにも話題が集まりました。特にドライバー。モデルはPINGのG410Plus、ピンG410プラスですね。今回試打したのですが、好印象。彼女のヘッドスピードからして一般のアマチュアゴルファーでも使えそうです。
0
タイトルとURLをコピーしました