ラウンドで実践 効果的な素振り3点

コースでプレーするときですが、ほとんどの方が素振りをすると思います。
この素振りですが、実は、大変重要な意味を持っています。
なぜ、重要なのか、気を付けたいポイントを3点挙げたいと思います。

ショット前の素振りの重要性

ポイントをお伝えする前に、重要性を共有したいと思います。
ショット前の素振りとは、「予行練習」です。
そんなこと知ってるよという方も多いと思います。
それでも、意外とできていない方が多いです。
重要なのは、リズムとタイミングを確認し、自然体でショットに向かう準備だからです。

上級者は素振りでわかる

ゴルフは上手い人とそうでない人がいるわけですが、
上手い人の場合、意味を理解した素振りとルーティーンをしますので、
打つ前に上手いと分かります。

一方で上手くない人は、漫然と素振りをしていることが多いです。

本番における素振りのチェックポイント

それでは、本番における素振りのチェックポイントを3点書きます。

今から打つ球のイメージを持つようにする。

これが一番大切なことです。
いわゆる素振りのための素振りになってはいけません。
あくまでも、「これから打つ」を前提としたものでなければなりません。
上級者やプロであれば、もうこの時点で、打っている感覚です。

リズムとタイミングを重視し、決して大振りしない。

ティーショットの素振りの場合、どうしても大きくなりがちです。

だって飛ばしたいしなぁ・・・。

確かに飛ばしたいという欲にかられることは多いと思います。
しかし、力いっぱい振っても、飛ぶでしょうか?
練習にいけば、必ずしもそうではないことを、実感していらっしゃると思います。

そういえば、芯に当たる確率が低い気がする。

ここで大切なのは、バランスなのです。
それを形作る要素が、「リズムとタイミング」なのです。

ゆっくりと且つゆるみのない素振りをする。

では、小さく素振りをすれば良いかと言えば、そうでもありません。
大切なのは、あくまでバランスです。
初心者の多くは、素振りのタイミングがやたらと早かったり、
上体が力んで、ダウンスイングやインパクトで緩んでしまうことが多いのです。
ゆっくりと感じていて、それでも、緩まないというタイミングを見つけてください。
それがわかると、力まずに飛ぶポイントを見つけることもできますよ。

素振りの参考とするために

皆さんもテレビでゴルフ中継をご覧になると思います。
ショットそのものより、プロの素振りとルーティーンをしっかりと見てください。
そして真似をしてみてください。
特に、動作とタイミングです。

ショット力は間違いなく上がりますよ!

いいねの代わりにクリック(^O^)/
いいねの代わりにクリック(^O^)/
100切り【実践編】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
座和をフォローする
スポンサーリンク
ふぁんごる

コメント

タイトルとURLをコピーしました