勘違いあるある ドライバー選び

勘違いあるあるは、今まで、基本的にスイングのことについて書いてきました。
しかし、ゴルフは道具=クラブを使ってやるスポーツですよね。
しかも、その道具はルールの範囲で自由に選択できる。
なかなか、これだけの選択肢、バリエーションがあるのは、珍しいスポーツです。
しかし、一方でそれが悩みの種になることもあるのです。
何せ各社から、「史上最高」のうたい文句で、毎年、新製品が出ますから。

スポンサーリンク

間違ったクラブ選んでいませんか?

スイングはそれなりになったはずなのに、どうも上手く打てない。
そういった方は、視点を変えてクラブを見直すのも良いかもしれません。
では、間違ったクラブとは何か?
それは、悪いクラブではなく、自分に合っていないクラブということです。
今、発売されているクラブでは、絶対的に悪いというクラブは無いと思います。
要は自分に合っているかいないかということですね。

自分に合っていないクラブとは?

自分に合っていないクラブの基準ですが、いくつかあります。代表的なのは、

構えていて、既に気持ち悪い。
振った感じで違和感がある。
思ったような弾道が出ない。

こういったところだと思います。
「飛ばない」というのもありがちなのですが、これはクラブだけが原因とも限りません。
スイングに関連する部分もあるので、ここでは省きます。

自分に合っていないクラブを選んでしまう理由

これの多くは、勧められたクラブを選んでしまうのが一番多いかと思います。
それは、ゴルフを教えてくれる、知り合いだったり、ショップの店員さんだったりします。
腕前やスイングが平均的であれば、平均的なものを選んでも、大きな支障はありません。
ここで注意したいのは、やたらと高いクラブを勧めたがるショップの人です。
ショップも商売なので、高いクラブが売れた方が、短期的には良いのですね。

長い目で見れば、これは違うのですが、信頼関係が無い、薄いと、この罠にはまります。
是非とも、信頼できる方の勧めで、納得できるクラブを選びたいものです。

苦労するドライバー選び

さて、14本のクラブ選びで、一番興味があって、結果が出やすいのがドライバーです。
一番飛ぶクラブですし、誰しもが飛んで曲がらないドライバーは欲しいものです。
ただし、ここが悩ましいところで、各社とも毎年新製品が出ます。
それも、当然ながら、「史上最高」が並びます。
「どうないして選べばいいねん!」ってなりますよね。

自分のスイングで、自ずと選ぶ基準が決まる

同じドライバーでも、合う人と合わない人がいるのは事実です。
それは、何かと言えば、スイングに関係してきます。
大きな要因は2つ、スイングスピードとスイング軌道です。
スイングスピードは、ヘッドスピード、体力にも関係しますね。

では、どのような基準でドライバーを選べば良いのでしょう?

ドライバーを選ぶ基準

これは、注意点の逆ということになりますね。代表的なポイントが3点です。

構えやすい。
振りやすい。
思った通りか、それに近い弾道が出る。

この3点を抑えていけば、まず、失敗というクラブ選びにはなりません。
では、その基準となるのは、何かと言えば、基本は重量とバランスです。
重量は、クラブのカタログで見ればわかります。
バランスもC9とかD0とかはありますが、これは必ずしも感覚とは一致しません。
また、最近は標準シャフトでいろいろ選べるのも普通になってきました。
まずは、重量から選んでみる、構えてみる、そして振ってみることが大切です。

試打の重要性

まずは、重量については良いですよね。
ドライバーだと軽量モデルは270gくらい、重いと310gくらいが一般的に発売されています。
たかが数十グラムですが、これは振ってみると大違いです。
重量だけは、まず、自分に合ったものを選びたいです。
構えやすさも大切で、クラウンの色、デザイン、形状、ロフトの見え方など。
違和感なく、すっと構えられなければ、まず安心感が得られません。

そこをクリアしたら、試打ですね。
自分の想像した球筋が出ているかどうか、打感は気に入るかどうかです。
計測器があるところでは、現在使っているドライバーとの数値比較もしたいです。
特に、打ちだし角とスピン量。
これが、今のものより、優れているとなれば購入候補になると思います。

新製品ドライバーって、そもそも何が変化しているのか?

毎年発売されるドライバーでは、最新のテクノロジーが搭載されています。
一方で、反発係数という、ルールで決められた値があります。
ですから、絶対的な飛距離が、ドライバー単体だけで大幅アップすることはないと思います。

何が変わっているのかと言えば、1点目がミスヒットになりにくい芯の広さ。
2点目がつかまりの良さですね。これは、スライスに悩む人が多いためですけど。
逆に、自分のスイングで十分捕まえることができる人がこれを選ぶと危ない。
スコアメイクで最大の敵となる、左へのミスが出てしまうことになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
たかが、ドライバー、されど、ドライバーですよね。
魅力的なキャッチフレーズには心躍るのですが、自分に合ったものを選ぶ。
それが一番だと思います。
そして、気になる飛距離。
これは、ドライバーによるよりも、スイングによることが圧倒的に大きい。
それも踏まえておきたいとことです。
いずれにしても、「自分に合っているドライバーを選ぶ」に尽きると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました