勘違いあるある ハンドファースト

初心者から上達し、初級者になったゴルファーの皆さん。
きっと、聞いたことがあると思います、「ハンドファースト」
基本の構えであり、ボールのとらえ方なのですが、ここも勘違いが多いのです。

スポンサーリンク

そもそもハンドファーストって?

ハンドファースト、直訳すると、手が先ですね。
この直訳部分で勘違いされている方が多いのです。
よくあるパターンが、以下の2つです。

アドレスで体の左側に手を先に構えてしまうパターン。
インパクトで体よりクラブが先行してしまうパターン。

ハンドファーストの必要性

ハンドファーストを教えられるのは、もちろん必要性があるからです。
ボールを正しく強くヒットするためには、この位置でインパクトする必要があります。
ハンドファーストの反対が、ハンドレイト。
つまり、手の方が遅れるということです。
そうなると、打球点もバラバラで散らばる、球は弱々しく、ロフト以上に上がります。
そうなると、ダフリやトップ、両方出てくるという厄介なものになります。

ここでふと思う方もいらっしゃいますか?
逆にバンカーショットは、ハンドレイトで打つことが必要になりますね。

正しいハンドファーストとは

正しいハンドファーストは、インパクトでグリップが球より少し先に出る位置。
左足の付け根くらいになると思います。
そうなると、シャフトは真っすぐでなく、少しだけ傾きますよね。
それでいながら、フェース面は目標方向にスクエアです。
まずは、この位置を体に覚え込ませることが必要です。

ここで、注意点ですが、いくらファンドファーストと言っても、

グリップは必ず体の外側に出ない、内側であることです。

そうでないと、行き過ぎたハンドファーストになり、ミスショットの原因になります。

正しいハンドファーストを身に着けるために

いつも登場のまつしま。さんのドリルから。

『構えとグリップを変えただけで、飛距離が伸びたお客様。』
女子ゴルフインストラクターまつしま。です。ゴルフランキングへランキングに参加しております。応援クリックが記事更新の励みです。他にも楽しく役立つゴルフブログをお…

スクールに来られた方のアドレスのビフォーアフターを見ることができます。
まさに、「あるある勘違い」ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました