勘違いあるある リキむ

これは、初心者や中級者までも、多く感じることではないでしょうか?
ミスショットをしたとき、「今のはリキんだなぁ」というものです。
なぜ、リキむということが起きるのか、それにはどう対応したら良いのかを考えましょう。

AD

実際はリキんでいない!?

これって、実際は、リキんでいないのです。
どういったことかと言えば、インパクトの瞬間は、逆に「緩んでいる」のですね。
では、なぜ、「リキむ」という表現になるかと言えば、それはインパクト前です。

どういうこと?

始動からテークバック、または、トップからダウンスイングの段階で、必要以上に力が入る。
本来であれば、インパクトで最大効率を生むためにするのがスイングです。
しかし、力を入れるタイミングや場所が違うことによって、ミスショットになるのです。

AD

ゴルファーはなぜリキむのか?

とは言っても、誰でもリキむんですよね。
では何故でしょう?理由は恐らく2つです。

1つ目は、飛ばしたいという欲望。
2つ目は、ナイスショットをしようという欲望。

つまり、欲望との戦いです。人生に似ています。(笑)

言われちゃった。(;^_^A

どこがリキんでしまうのか?

では、具体的に、どこがどのようにリキんでしまうのでしょうか?

まずは始動。
飛ばすぞ!と思った時、人は、最初から力が入り、またタイミングも早くなります。
次に切り返し
ここでも、「エイッ型」で力が入ります。
そして、ダウンスイング。
ここも、心の中では、「ビューンと飛んでけ~」ですよね。

これらに挙げた例で、リキんでしまう、体の場所はわかりますよね?
つまり、上半身。特に腕や肩ということになります。

なぜ、女子プロは飛ばせるのか?

ここで、皆さんがいつも思う疑問がありますよね?
女子プロを見ていると、身長150cm少しの女の子が240ヤード飛ばす。
恐らく、一般男性が彼女たちと腕相撲をすれば、ほぼほぼ勝ちます。
ということは、腕の力って、さほど重要ではない証拠になりますよね。
腕力で飛ばしているなら、お相撲さんは、500ヤードくらい飛ばせる理屈になりますから。
では、彼女たちは、どうやって飛ばしているのでしょう?

デンデン太鼓理論

理論というのは大げさかもしれませんが、分かりますよね?デンデン太鼓。
クルクルと回す部分の軸は変わらずに、伸びたヒモの先にある球が太鼓に当たり音が鳴る。
もし、ここで、軸が動いていたらどうでしょう?
ヒモは真っすぐと伸びず、球は太鼓の部分に当たりません。
決して、太鼓自体を振っているわけではないのですね。回しているだけです。

ここで、大切なのは、太鼓にある柄の部分を傾けず、高速で回すこと。
これをスイングに当てはめると、太鼓の柄が体の軸、ヒモが腕とクラブになります。

スイング軸や体重移動については、別に書いていますので、これもご参考まで。

勘違いあるある 体重移動
昭和の終わりから平成に変わるころにゴルフを始めた私。当時から今に至るまで、系統的なレッスンは受けたことがありません。典型的な自己流でシングルプレイヤーになりました。そのため、試行錯誤の日々。勘違いしていて、今でもあるだろうことを書きます。第1弾は体重移動です。
勘違いあるある スイング軸
ゴルフスイングの要と言っても良い、「スイング軸」。しかし、これには諸説、いろいろな表現があり、言葉に振り回されることがあります。自分も最初はしっくりこない軸の意識で、スイングに限界を感じていました。スイング軸のとらえ方は人それぞれ。合うものを見つけましょう。

スイングは形ではなく、連動した動きですので、そのあたりがポイントです。

スイングに当てはめよう

この理屈をスイングに応用してやれば良いのです。
まずは、軸の意識を強く持つこと。
軸は、基本的に体幹。ゴルフスイングの場合は、腹筋から下半身部分です。
特に男性ゴルファーは、腕や上半身に力を入れがちです。
脳からは、下半身より腕の方が伝達速度が速いし、器用だからです。
また、傍から見ると、スイングって、腕で振っているように見えるからですね。

体幹って、どこを意識すれば良いのか?

一口に体幹と言っても、頭ではわかっていても、どうも想像しづらいですよね。
下半身と言っても、ひざや腰で必要以上に力が入ると、これは体が回りません。
また、シニアになるほど、体は硬くなるので、できれば適度にここは使いたいです。
では、どこを意識するか?
それは、おへその下、丹田と言われる部分と考えて良いと思います。
そうすれば、腰は回っていきますし、スイング上でもスムーズです。

リキみを理解できるレッスン

今回のテーマを書くにあたり、大変参考になった動画があります。
UUUM、中井学プロがYouTubeで行っている動画レッスンです。

飛距離が出ないのは力みが原因?プロが力むと緩むを徹底解説!【中井学】【ドライバーの飛ばし】【つかまる】
つかまった球が打てるようになる切り返し!”打ちにいく”のが諸悪の根源!【中井学】【なみき】【ドライバーの飛ばし】

この動画では、丁寧に説明もされているので、大変、わかりやすいです。
ラウンド本番で、いつも、「リキんだ」と言ってミスショットをしている方。
是非とも参考にされると良いと思います。

もう力まない! グリップを補助する親指のテーピング
今回は親指の動きを補助することで、グリップを握りやすくするテーピング方法を紹介します。親指には「対立運動」という機能があります。親指の腹とほかの指の腹をつける運動で、指に対角線状の力が加わることで、パワーを分散し、棒状の物体を握りやすくするという動きです。 デスクワークが多くなると、「つまむ」「握る」といった動作を行う...

コメント

タイトルとURLをコピーしました