パッティング上達 基本の5つ

100切りに悩まれている方は、パット数が多いです。
今回、激芯ゴルフで、鈴木絢賀さんのパッティング上達法を見ました。
鈴木愛、成田美寿々を教えた南秀樹コーチのメソッドですが、非常にためになります。

スポンサーリンク

パッティング基本のポイント5点

ここでは番組で紹介された5点について書いていきます。

ショルダーストローク

これは多くのメソッドで言われていることですが、存外出来ている人は少ない。
鈴木絢賀さんはDSPEでプロテストに挑むレベルですが、それでもです。

いわゆる、「手打ち」になると軌道が安定しません。
手と言うのは器用なので、いかようにもなってしまうのです。

そのため、大きくて広い筋肉を使うのが基本です。
ショルダーストロークが再確認されたのですが、意識は背中と肩甲骨です。
グリップが貫通するイメージで肩甲骨までつながっているイメージを持てるかどうかです。

脇を締める

これも、手打ち防止、ショルダーストロークに関連します。
脇が開いているいると、手で操作する感覚が強くなってしまいます。

正しいグリップ

このポイントは角度です。
手打ちになりやすい人は、ハンドアップに構えやすい。
そうなると、一定のストロークが出来なくなる訳です。

アドレスの荷重は左足股関節の上

パッティングも振り幅は小さいもののストロークで体重は移動します。
ということは、どこかに支点を作らなければなりません。
それが例えば真ん中を意識すると、余計な体重移動がされストロークが安定しません。
ですから、左股関節に乗るという意識ですね

押し出して打つ練習

パッティングはテークバック、インパクト、フォロースルーです。
大切なのは、ボールを押す感覚ですね。

南コーチはこのドリルを非常に重んじています。
事実、鈴木愛さんは、今でもトーナメント会場でやっている姿をよく見ます。
それだけ、効果がある証だと言えます。

スポンサーリンク

鈴木絢賀、パッティングの進歩

普通であれば、なかなか進歩の具合を見ることはできません。
しかし、鈴木さんの場合は、幸運にも見ることができます。
それは、現在出演中のゴルフ3キングダムという番組。

ゴルフ3キングダム女子No.1チーム決定戦
プロやトップアマの実力ある女子ゴルファー3チームが激突。3人1組となって、団体戦・ペア戦・代表者個人戦で三つ巴の戦いを繰り広げる!最強の称号を手にするのはどのチームか!?

チャンピオン大会が行われていて、鈴木さんも出演しています。
そこで、ミドルパットが決まること、決まること。


あんなに入る?ってほどです。
それだけでも、効果のほどがわかるというものです。

基本を大切にする重要性

私はパッティングを得意としているのですが、実はこの5ポイントは常に意識しています。
当初は効果も分からず、試行錯誤の上、出来るようになったものです。
ですから、ストロークを安定させるには、非常に有効だと思います。

また、押し出して打つドリル。
南コーチは30ヤード転がせるのですが、私も30ヤード以上転がすことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました