【試打レポート】ピン G425ドライバー

この秋も各社から新作のクラブが発売されています。
今回はPINGの新作、G425ドライバーを試打する機会があったので、レポートします。

ピン G425ドライバー ドライバーの特徴

キャッチフレーズ

ぶれない革新。さらなる勝利へ。

主な特徴

G425には、G410同様3つのラインナップが用意されています。
3つのモデルに共通する特徴が、これですね。

3つのウェイトポジションを搭載した弾道調整機能がさらに進化。
極薄クラウン設計により、ブレない深低重心で思いっきり叩ける。

G425 ドライバー試打クラブのスペックと印象

今回は、2種類のモデルを打ちました。
1つが、おそらく万人向けであろう、G425MAX。
もう1つが、G425LSTです。

G425MAXドライバーの試打スペック

G425MAXの試打クラブは、ロフトが9度。

シャフトは純正のSで、45.75インチです。
ピンの場合、純正もデキが良いようで、プロもリシャフトせず使う場合が多いです。

まずは、構えてみます。

オーソドックスで、以前より、フェース面がストレートっぽくなった感じです。
いわゆる、一般的なクラブに近づいた印象です。悪くない。

素振りをしてみても、軽い感じがしますが、一体感があります。

ピンG425MAX ドライバーの打感

打感については、一番、心配していたところです。
ピンのドライバーって、高音じゃないですか。
「カキーン」ってイメージがあります。

ですが、今回のモデルは、若干、その音が低くなった気がします。
それでも、「パキーン」くらいですけど。(;^_^A

ピンG425MAXドライバーのつかまりと飛距離

まず、つかまりは良いです。
構えた瞬間に、いかにもつかまりそうな面構え。
私だと、右にいくイメージは全然湧かず、まぁその通りに飛びます。
ただ、つかまりやすい傾向のある方には違和感があるかもしれません。

そして飛距離は、最近のモデルでは標準的です。
ただ、初速が速く、低スピンな感じがあります。
ですから、ランで稼ぐという感じかもしれません。

ピンG425LST ドライバー 試打スペック

こちらも、ロフトは9度でした。

シャフトはMAXと同じく、純正のSシャフトです。

ただし、長さが45.25インチなので、MAXよりも、0.25インチ短いです。

こちらも構えてみます。

写真で見ると、MAXとあまり違わないように見えます。(;^_^A
ただし、実際の感覚だと、MAXの方が、ロフトが強く見えます。
LSTは9度の感じですが、MAXだと10度を超えているように見えるのですね。
このあたりは、好みだと思います。

ピンG425LST ドライバーの打感

これも、MAXと、ほぼ変わらない。
若干ですが、音が高いように感じましたが、誤差の範囲でしょうか?
それでも、以前のモデルよりは、少し低い感じの打球音です。

ピンG425LSTドライバーのつかまりと飛距離

ここがMAXとの違いが出ます。
MAXはまぁ、良くつかまります。
それに対して、LSTは、ほどほどという感じです。
ですから、個人的には、こちらの方が打ちやすかったです。

飛距離は同程度ですね。
MAXの方が、0.5インチシャフトが長いにも関わらず、あまり差はなかったです。

ピンG425ドライバーに共通する特徴

これは、特徴と言って良いかもしれません。それは、
芯を外れても、真っすぐいくということです。

もちろん飛距離は落ちるのですが、曲がらないですね。

オススメできるユーザー

これは、一言で言ってしまえば、スライサーで曲がるし、距離も落ちる人。
なんだ、それじゃぁ万能じゃないかと思われるかもしれません。

ただし、逆に言えば、上級者にはつかまり過ぎて、左へのミス怖いかもしれません。
今回はSFTを打たなかったので、余計にそう感じるかもしれません。

それと、音が気にならない方向けですね。

以前より低くなったとは言え、あの金属的な音は、自分には合わない。
ですから、そのあたりも確かめて購入が良いかと思います。

G425ドライバーの試打や購入は、こちらもご参考に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました