【ラウンドレポート】2020R11 長太郎カントリークラブ

公私ともにバタバタしていた、2020年の秋。
あっと言う間に冬になりそうな11月ということで、やっと休みが取れました。
気分転換も兼ねて、3ヶ月ぶりのラウンドです。

やってきたのは、コース整備が行き届いた印象の、長太郎カントリークラブ
このコースをラウンドするのは3回目となります。
以前のラウンドレポートもありますので、よろしかったら読んでみてください。

【ラウンドレポート】2020R6 長太郎カントリークラブ
緊急事態宣言も解除され、やっと気分的にもゴルフ場に行ってコースをプレーする気にもなりました。新しい生活様式ってことで、ここは、心機一転、初めてのコースでラウンドしようと決めていました。それが、長太郎カントリークラブ。アマチュア時代の吉田優利プロが所属していたコースでもあります。
ラウンドレポート長太郎カントリークラブ【2020R7】
今回のラウンドも前回好印象だった長太郎カントリークラブにしました。梅雨時期でしたが、お天気は良く、暑さもそれほどではありませんでした。相変わらずグリーンコンディションは良し。ただし、ピンポジによって難しいとも感じました。それでも良いラウンドになりました。
スポンサーリンク

今回ラウンドのミッション

普通にラウンドしても構わないのですが、少し趣向を凝らしました。それは、

「パーオンをさせないでラウンドすること」

なぜ、こんなことを考えたかと言えば、久々のラウンドであること。
普通にプレーしても良いのですけど、アプローチも練習したいなぁと。
それで、本番コースで全ホールアプローチをしたらどうなるか興味があったのです。

メンバーは気心の知れた、Kさんと、アパレル君。
アパレル君は、コロナの影響で、仕事が時短になってしまい、元気は50%ダウンでした。

前半アウトコース

アウトコースのスコアからいきますか。

パーオンさせないので、当然、全ホール、ボギーオンです。
普通に2パットでいけば、スコアは90になりますよね。
・・・もちろん、チップインがあればバーディーですけど。
ですから、いかに、「寄せワンを取るか」というラウンドです。

3番ホールなど、短いので、普通は9番アイアンで届いてしまいます。

そこをレイアップするので、かえって乗せるより難しかった。(;^_^A
特に短いホールは乗せる前提で設計されているので、花道が狭いのです。

1番は何とか寄せワンでパーセーブできましたけど、その後は、・・・。
5番ホールまで、普通にボギーということになりました。
寄せきれず、入れ切れずというプレーでしたね。

ランチタイムに切り替えて

思えば6番まで何となく、パーオンさせないことだけを考えてやっていました。
この、「何となく」というのが、スコアメイクにとって、非常によろしくないのですね。
スコアメイクと言うからには、スコアは自ら作っていくものです。
何故か、7番のティーショットで気が付いたことが1点。

パーオンさせないのだから、ティーショットでドライバーは不要では?
パー4で言えば、セカンドをきっちりとグリーン手前に運ばなければならない。
そうすると、ティーショットの距離は不要で、フェアウェイキープが必須。
そうか、そうかと思いつつ、7番からは3番ウッドでティーショット。
不思議なもので、レイアップもきちんとでき、寄せワンのパーを取れたのです。

後半インコース

さて、後半にいきます。まずはスコアから。

とは、言いつつも、後半も寄せワンは3つにとどまりました。
やっぱり、一筋縄ではいかないですね~。

10ヤードから30ヤード手前にレイアップしたので、基本、アプローチはウェッジです。
今回は50度と56度の2本使いでしたが、なかなかピタリとは寄らず。
普段あまり思わない、パーオンの重要さを学びました。(;^_^A
パーオン狙いであれば、グルーンエッジからのアプローチパッティングもあります。
そうすると、1m前後に寄せられるので、それができなかったのも苦しいところでした。

それでも、何か収穫も欲しいということで、あれをやりました。
あれと言えば、あれで、ステップで植竹希望さんがやっていたアプローチ。
ユーティリティーを使ったアプローチですね。

16番と17番で2回使ったのですが、結果は1勝1敗。
過去にもこれは練習したこともあって、それなりに感覚は持っていました。
基本的にはパターと同じ打ち方でOK。距離がパターの倍くらい出る感覚です。

そんなこんなで、何とか18ホール完走です。

今回のラウンド振り返り

欲を言えばキリが無いのですが、疲れたながらも面白かったです。
まず、思ったことは、自分で思っているより、ウェッジが上手くなかったこと。(;^_^A
いつもそれなりにスコアを作れているので、もっと寄せてると思っていました。
しかし、パーオン率が高くて、バーディーもいくつか取れるので、70台なんですよね。
パーオンの偉大さを感じた次第です。

それから、ホールアウトしてから気が付いたのが、このアプローチ。

『冬場の「やばい!」と感じた時のグリーン周りのアプローチの工夫!』
洗濯したパーカーのフードが中々乾きません…((((;゚Д゚)))))))少しずつ寒くなってきましたね!寒くなってくると飛ばないですし、体も動きにくいですよね。…

まつしま。さんが紹介していた、球の勢いをなくすワザ。
知っていたのですが、何故か今回のラウンドでは思いつかなかったという。(;^_^A
このワザは、初心者でも使えるワザで、以前は良く使っていたのです。
今回、それを忘れていたというのも、オチなのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました