【2020R6】ラウンドレポート 佐原カントリークラブ

佐原カントリークラブのラウンドレポートです。
ここへ行ったのは、久しぶりなのです。
調べてみたら、2012年以来なので、本当に久々だった。

https://hyakukabe.seesaa.net/article/274659195.html

それでも、印象的なホールをはじめ、いくつかは覚えていました。
それでは、いきましょう。

佐原カントリークラブのインプレッション

ここは、アコーディアの系列で、アコーディアと言えば、組を詰め込むって印象があるかもしれません。私もそういった印象があります。(;^_^A
ただ、佐原は、アコーディアにしては、それほど詰め込まれたという記憶がありません。


ですから、今回も、それほど前の組で詰まるということなく、標準的にプレーできました。
それから、アメリカンタイプと言うのかなぁ。
キャディバッグは自分で降ろす方式です。

佐原カントリークラブのコース概要

コースレイアウトはこちら
短めのコースで、フェアウェイもさほど広くない。
でも、ドッグレッグとかスタイミーも少なくて、真っすぐのホールが多い印象です。

ラウンドレポート

では、ラウンドレポートにいきます。

この日の天気は快晴。しかしながら、風が強かったし、回っていたのです。
風速が4から5mくらいあったので、風が回る中だと大変難しかったのです。
つまり、150ヤード残りと言っても、クラブ選択が5番アイアンから9番アイアンまである。

そして、この日のピンポジ!
これでもかって言うくらいの端っこ。
そもそも30ヤードは普通にある大きなグリーンなのですが、真ん中近辺に切られていたのは数えるほど。
エッジから3ヤード、5ヤードというところがほとんどでした。
月曜日だったので、おそらく週末に真ん中近辺にきった反動だろうと思います。

前半 アウトコース

こういった風の中のコンディションだと、スコアメイクが極端に難しくなります。

自分はパーオン率が高いのですが、さすがに今回は低くなりました。
ということで、苦戦した前半戦のスコア。

ノーバーディー、5ボギー。
シングルプレイヤーらしからぬ、アベレージゴルファーのスコアですね。
パーオンが3つしかなくて、それも1つは、珍しく3パットしてボギーです。
まぁ、苦労して、途中から全部、グリーン手前の花道狙いに切り替えました。


それで、花道と言っても冬の芝ですから、薄いし、ピンポジが端っこ。
ぴったりつけるということも出来ず、ずるずるパターンでした。
こりゃ、今日は80台の後半くらいになるのじゃないかと思いました。

後半 インコース

気を取り直して、インコースに向かいます。
ここでラッキーだったのが、風が若干弱くなってきたことです。
番手も2つのうちから、1つを選択すればよいくらいの風速です。
後半のスコア。

1バーディー、3ボギーの38。頑張ったと思います。
特に、14番以降は、風が弱風くらいにおさまったのが幸いしました。
18番を除いて、全てパーオンしましたから。


18番のパー5はボギーとしてしまったのですが、これは欲ですね。
3打目の残りが28ヤードだったので、思いっきりバーディー狙いでいきました。
カップは40ヤードはあろうかと思うグリーンの一番手前。
しかも手前から中央へと極端に下っているグリーンなので、3打目を狙いすぎてショート。
そこからの寄せも、傾斜に持っていかれて、結局4オン2パットのボギーでした。

そして、トータルスコアですね。

今回のラウンドまとめ

まず、コースとしてですが、若干狭く短いですが、全体としては悪くなかったです。
グリーンのコンディションもまずまずでしたし、ちょうど桜も綺麗な時期でした。
名物は9番と18番のパー5。


2つのホールは、大きな池でセパレートされています。
それで、ティーショットは、それぞれ池をクロスして打たせる設計です。
つまり両ホールとも、池越えのティーショットになるので、ここが面白いところです。

千葉県のゴルフ場予約

予約キャンペーン特集

コメント

タイトルとURLをコピーしました