再現性のポイントは最下点の安定

ドライバーを除くショット全般に言えることですが、大切なのは何ですか?
スイングであるとか体重移動であるとか、人それぞれにチェックポイントはあると思います。
ただし、シンプルに考えてみましょう。
それを気づかせてくれる記事がありましたので、私の体験も踏まえて書きます。

参考記事

同じ球がなぜ続かない? 目澤秀憲&黒宮幹仁、新進気鋭のコーチ二人が語るナイスショットを連発するために気にするべき“たったひとつ”のこと - みんなのゴルフダイジェスト
ジュニア時代、松山英樹や石川遼としのぎを削ってきた目澤秀憲コーチと黒宮幹仁コーチ。大学ゴルフ部を経て指導者の道に入り、いま、日本のゴルフコーチ界で注目される2人だ。フライトスコープやインパクト解析器(GC4)を駆使し、最先端の理論に精通しているが、モットーは「教えすぎない」こと。さっそく2人に「同じ球がなぜ続かないのか...

伝説のアマチュア、中部銀次郎さんも言っていましたが、
究極の再現性は、ロボットのように寸分狂わずスイングをすることです。

しかし、人間のすることですから、そう、上手くはいかない。
ある日は練習場で、良い球が続いても、別の日は上手く打てないこともある。
ましてや、コースに行けば、傾斜やライ、風の影響、景色、もろもろ条件が違います。

それに対応をしていかなければならないのですが、ここが難しい。
まずは、対応するスイング以前に、見極めが上手くいかない人が多いです。
特に、傾斜とライ。
例えば、前上がりの傾斜であれば、ボールは左に行きやすい。
また、それが分かれば、傾斜分だけ、クラブを短く持つのが正解です。
ライは特にラフ。球の沈み具合で、持つ番手が変わります。
・・・決して残り距離が優先ではありません。

つまり、ミスショットが出たときに、イコール、スイングが悪いとは言えないのです。

さて、スイングに問題があったとしましょう。
その場合、上体に力が入ったとか、体が開いたとか、色々あると思います。

要は、まず、バランスとリズムなのです。

最も大切なのは、みんゴルの記事にある通り、常に最下点で球をとらえる意識。
これは、フルスイングでも、チップショットでも変わりません。
ですから、ツアープロだって、まずはウェッジの練習から始める1つの理由なのです。

インパクトゾーンを意識することと考え方は似ていると思います。
トップオブスイングは、インパクトゾーンを邪魔しない力とタイミングで上げる。
それから、最下点にきっちりタイミングよくヘッドが入るように振る。
そうした意識だけでも、球筋の安定、バラツキの削減につながると思います。

一流のツアープロだって、会心の当たりはラウンドあたり、2から3回くらいと言われています。
何がアマチュアと違うのかと言えば、ミスの頻度と程度です。

スコアメイクをするにあたっては、今日イチを1回出すよりも、
少しだけミスの球を数多く打つことに意識を持っていくことだと思います。

さぁ、練習に行きましょうか?

アナタの近隣にある、練習場一覧をチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました