ゴルフ

勘違いあるある

勘違いあるある ゴルフクラブとの接点

ゴルフは道具を使ってやるスポーツ。道具と言えば、ゴルフクラブをまず思い浮かべませんか?しかし、ゴルフクラブとスイングをする自分との接点を忘れていないでしょうか?それが、グローブとグリップなのです。新製品のドライバーに興味を持つのも良いでしょう。しかし、接点は大切にすると世界が変わりますよ。
0
話題の最新ギア

2020秋 自分にあったおすすめ新作ドライバーの選び方

2020年の秋も、各社から新作ドライバーが発売になっています。各社とも、なかなか気合の入ったモデルが登場しています。秋の新作ドライバーの飛距離性能や選び方、スライス防止のつかまり具合などを書いています。あなたにとっておすすめのドライバーを選ぶ参考となれば幸いです。
0
勘違いあるある

勘違いあるある ビハインドザボール

初心者を卒業して、それなりのスイングができてきました。もう少し、カッコ良くなりたい、球筋を安定させたい、飛距離も伸ばしたい、そんな方には、ビハインドザボールを意識することをお勧めします。その考え方、練習方法を解説していきます。
0
勘違いあるある

勘違いあるある 捻転

ゴルフが全くの初心者の頃、左右に大きく動くスイングから、体重移動や軸を覚え、何となく形になってきました。とりあえず、ラウンドにはいけるレベルです。そうなると、飛距離もある程度飛ばしたくなります。そこで、「捻転」という考え方の必要性が出てきます。
0
勘違いあるある

勘違いあるある 腕を伸ばす

カッコ良いスイングを目指そう!そう思っても体が硬いとトップは美しくできない。それはあきらめるとして、せめてインパクトやフォロースルーはカッコ良く決めたい。そんな想いで取り組んだスイング練習の結果は?インパクトでの腕の形に先入観は禁物ですね。
0
勘違いあるある

勘違いあるある トップの位置

ゴルフスイングでよく言われるところのトップの位置。理想の形や作り方をレッスンしたメソッドは数多くあります。でも、理想通りに動かない体質だとしたら?NGとされるひじを曲げる動きとトップでも、十分にスイングはできるのです。
0
勘違いあるある

勘違いあるある 蹴り

最近のゴルフレッスンでも時々使われる、「蹴る」という表現。私も昔は、「右足を蹴れ!」と言われたものです。それがどうしても上手くいかない。試行錯誤の末、たどりついた答えは?最近流行している、地面反力やGGスイングにも関係する蹴りの勘違いを書いています。
0
勘違いあるある

勘違いあるある スイング軸

ゴルフスイングの要と言っても良い、「スイング軸」。しかし、これには諸説、いろいろな表現があり、言葉に振り回されることがあります。自分も最初はしっくりこない軸の意識で、スイングに限界を感じていました。スイング軸のとらえ方は人それぞれ。合うものを見つけましょう。
0
100切り【練習編】

練習クラブは4本 藤田寛之編

練習場、いわゆる打ちっ放しに行ったとき、どんなクラブを打ちますか?これは人によってそれぞれだと思います。藤田寛之プロの場合は、4本。自分も4本くらいという場合が多いです。その練習方法をレッスン動画付きで解説した記事です。
0
100切り【実践編】

100切りラウンドする実践チェックポイント

いざ100切り!と意気込んでも、今日もだめだったという方。実は一定のパターンがあります。90台でラウンドするために必要なチェックポイントとは何でしょう?それについて、準備やストレッチ、練習、ラウンド序盤、中盤、後半それぞれに気を付けなければならないコツがあるのです。
0
タイトルとURLをコピーしました