ゴルフスイング

勘違いあるある

勘違いあるある 打ちに行く

それなりのスコアでラウンドできるようになると、出るミスショットの傾向。その1つが、「打ちに行く」ですね。しっかりヒットしたい、強いボールを打ちたいと思うと、スイングでに乱れが生じます。なぜ、打ちに行ってしまうのか、それを防ぐにはどうしたら良いのでしょうか?
0
勘違いあるある

勘違いあるある スイングリズム

本番のラウンドで最も大切にしたい部分が、スイングリズムです。軌道やその他もろもろは、実は当日の修正は難しい。一方で、とんでもないミスが出るときは、スイングリズムやテンポの乱れが多いです。初心者にありがちな、チョロ、ダフリ、引っ掛け、スライスは、ここを先ず確認したいですね。
0
勘違いあるある

勘違いあるある フィニッシュ

美しいスイングになりたいと思うと、フィニッシュをカッコ良く決めたいと思うものです。では、フィニッシュとは具体的にどのようにとれば良いのでしょう?フィニッシュの考え方と、勘違いしそうなポイントについて書いています。
0
勘違いあるある

勘違いあるある ハンドファースト

初心者からレベルアップして球には、それなりに当たるようになったあなた。やはり強くて真っすぐにいく球をいつも打ちたいと思いますよね。そうなると、ハンドファーストであることが基本になります。ただ、このハンドファーストも勘違いが多いゴルフ用語でもあります。
0
勘違いあるある

勘違いあるある ビハインドザボール

初心者を卒業して、それなりのスイングができてきました。もう少し、カッコ良くなりたい、球筋を安定させたい、飛距離も伸ばしたい、そんな方には、ビハインドザボールを意識することをお勧めします。その考え方、練習方法を解説していきます。
0
勘違いあるある

勘違いあるある 蹴り

最近のゴルフレッスンでも時々使われる、「蹴る」という表現。私も昔は、「右足を蹴れ!」と言われたものです。それがどうしても上手くいかない。試行錯誤の末、たどりついた答えは?最近流行している、地面反力やGGスイングにも関係する蹴りの勘違いを書いています。
0
勘違いあるある

勘違いあるある スイング軸

ゴルフスイングの要と言っても良い、「スイング軸」。しかし、これには諸説、いろいろな表現があり、言葉に振り回されることがあります。自分も最初はしっくりこない軸の意識で、スイングに限界を感じていました。スイング軸のとらえ方は人それぞれ。合うものを見つけましょう。
0
勘違いあるある

勘違いあるある 体重移動

昭和の終わりから平成に変わるころにゴルフを始めた私。当時から今に至るまで、系統的なレッスンは受けたことがありません。典型的な自己流でシングルプレイヤーになりました。そのため、試行錯誤の日々。勘違いしていて、今でもあるだろうことを書きます。第1弾は体重移動です。
0
100切り【練習編】

視点を変えた練習でレベルアップ

100切りのためには、練習に次ぐ練習。もしかすると、その回数や球数に自己満足していませんか?練習とは、あくまで本番でどのような球を打ちたいか、打つようにできるかを目的とするものです。ただ同じ番手を同じ力で振るだけの練習から、ちょっとだけ視点を変えてみましょう。
0
100切り【練習編】

動きの中でトップを作る

ゴルフスイングの中でも、トップの位置を気にする方が多いですよね。肩を入れろが定番なのですが、今回紹介するメソッドは目からウロコでした。スイングのトップは動きの中で作られる。下井昌史プロのレッスン動画もあるので、是非、参考にしてください。
0
タイトルとURLをコピーしました