100切り

100切り【練習編】

今さら?練習には動画撮影のススメ

100切りを目指す皆さんは、日夜練習に明け暮れていると思います。もちろん、ある程度の球数を打つことは必要なのですが、それだけでは不十分です。限られた時間の中で、質の高い練習とするためには、動画を撮ってみることが、今では重要なポイントとなっています。
0
100切り【実践編】

ショートパットを打つときの盲点

ゴルフも上達してくると、パッティングの重要性に気付いてきます。特に、「ショートパットが入らない!」と悔やむ方も多いのでは?では、実際のところどうなのか?パッティングの苦手意識の克服や考え方、参考となるドリルやコツを書いています。
0
100切り【練習編】

練習クラブは4本 藤田寛之編

練習場、いわゆる打ちっ放しに行ったとき、どんなクラブを打ちますか?これは人によってそれぞれだと思います。藤田寛之プロの場合は、4本。自分も4本くらいという場合が多いです。その練習方法をレッスン動画付きで解説した記事です。
0
100切り【実践編】

100切りラウンドする実践チェックポイント

いざ100切り!と意気込んでも、今日もだめだったという方。実は一定のパターンがあります。90台でラウンドするために必要なチェックポイントとは何でしょう?それについて、準備やストレッチ、練習、ラウンド序盤、中盤、後半それぞれに気を付けなければならないコツがあるのです。
0
100切り【練習編】

初心者向け 裏技的失敗しないアプローチ3種類

まだ、コースデビューして間もないかた。ショットは練習でそこそこ打てるようになっても、スコアメイクで苦戦するのは、アプローチではないでしょうか?100切り練習のアプローチ以前で、初心者にもできるアプローチを裏ワザ的にご紹介します。
0
100切り【練習編】

ゴルフ女子 100切りを目指す3つの課題

ゴルフ人口が減っていると言われている中、じわりと増えている層がゴルフ女子。しかし、男性と違って、女性ならではの課題というのもあります。その壁とは何か、また、乗り越えるにはどうしたら良いのか。それらヒントを書いています。おすすめのコース情報もあります。
0
100切り【練習編】

視点を変えた練習でレベルアップ

100切りのためには、練習に次ぐ練習。もしかすると、その回数や球数に自己満足していませんか?練習とは、あくまで本番でどのような球を打ちたいか、打つようにできるかを目的とするものです。ただ同じ番手を同じ力で振るだけの練習から、ちょっとだけ視点を変えてみましょう。
0
100切り【実践編】

次が打てれば大丈夫

100切りって意識すればするほど、道は遠回りになります。ショットは完璧でなくても良いのです。というか、ミスの許容度を決めたほうが、メンタルも前向きになります。実戦で考えたいポイントについて書いています。10%ルールを取り入れてみませんか?
0
100切り【練習編】

千葉市 芝からアプローチができる練習場7選

100切りのために、必須なのはショートゲームと書きました。中でもアプローチの練習は大切。私が住んでいる千葉市で、芝からアプローチができる練習場を7つ紹介します。特に最初に紹介する2か所は実際に自分が行っている練習場です。特徴はそれぞれなので、目的で選んでくださいね。
0
100切り【練習編】

ウェッジ練習こそがスコアメイクの秘訣

なかなか100切りができない方の特徴で、ショートゲームが挙げられます。ショットはそこそこの技術があるのですから、ドライバーやアイアンもそこそこ打てるので、問題は100ヤード以内、50ヤード以内からなのです。ここでは、ショートゲーム上達の目的や練習のポイントを書いています。
0
タイトルとURLをコピーしました