動きの中でトップを作る

これは、目からうろこのメソッドだと思います。
それは、ゴルフスイング、トップについて。
トップオブスイングですね。

その形にこだわるゴルファーは多いと思います。
自分がやっているブログやサイトでも、こういった質問も多いのです。
いわゆる、「肩を入れろ」という定説ですね。

しかし、年齢を重ねるほど、そう簡単にはいきません。
逆に形にこだわりすぎると、かえってスイングのリズムが悪くなる。
うーむ、な話なのです。

そんなとき、この記事を見つけました。

『【YouTube】体が硬くても深いトップがとれるコツ!』
こんにちは😃YouTubeアップしました⤴️体が硬くても深いトップをとれるコツを下井プロが解説してくれています。ぜひご覧くださいね。

私も毎日見ているまつしま。さんの記事です。
大阪にある、ドゥゴルフスタジオでレッスンをしている下井プロの動画。

これには、感心しました。
つまり、動きの中でトップオブスイングが作られるということです。

実は、私もベンドスティックを持っています。
主に練習前や、ラウンド前のウォーミングアップで使っています。

今回の紹介で、そうだ、スイング作りにも使えるのだと再認識しました。

下井プロが所属している、ドゥゴルフスタジオ。

大阪南堀江でゴルフレッスンならドゥゴルフスタジオ DO GOLF STUDIO
初心者ゴルファー歓迎。大阪南堀江駅より徒歩5分。室内ゴルフレッスン場。DOGOLFSTUDIO 動画レッスンも行ってます。BUTCH HARMON SCHOOL OF GOLF「ブッチ・ハーモンスクールオブゴルフ」でゴルフ理論・実践を学んだプロからもレッンをお受けいただけます。

ベンドスティックもこちらから購入できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました